太陽光への興味が高くなっている今、
太陽光発電の設置に取り組む会社や市民が増えているようです。



ソーラー発電がメジャーになりつつある中、「太陽熱利用」を、思い出しました。



「太陽熱」と「太陽光」、どちらも同様、太陽ですが、
「太陽光発電」と「太陽熱利用」とはどんな違いがあるのでしょうか。



まず「太陽熱利用」は、太陽の熱を集めて給湯や暖房に利用します。



このように太陽が持っているエネルギーの、
熱の部分を活用するのが「太陽熱利用」です。



太陽熱温水器などがその代表と言えるでしょう。



では、「ソーラー発電」はどうでしょう。
「太陽光発電」は、太陽の光エネルギーで電気を生み出します。



太陽のエネルギーの光の要素を利用するのが「太陽光発電」です。



太陽光発電は、屋上などにソーラー電池を設置し
太陽光を電気エネルギーに変えて電気を起こします。



発電した電気は、工場や一般家庭の電力として
照明機器や電化製品などに活用することが出来ます。



また、残った電気は、電力会社に売ることもできます。