9/9のてれび「アカルイミライ」

『キムチ納豆玉ねぎ』が乳酸菌を増やすのに効果的な食材だそうです。

紹介してくれたのは、
「味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革」
の著者 松生恒夫先生


その食べ方は?

・たっぷりの玉ねぎのみじん切りをキムチ納豆に入れてよく混ぜます。
・冷蔵庫に一晩寝かせて出来上がり!

とっても簡単です。

味噌や醤油、キムチなどに含まれる
植物性乳酸菌(ラブレ菌)」は、
乳酸菌が生きたまま腸に届く優れものです。

中でもキムチの乳酸菌量はダントツです。
それは、「アミの塩辛」が入ったキムチが有効です。

スポンサードリンク




乳酸菌は動物性蛋白質をエサとして増殖するので、
アミが入ることにより乳酸菌が増えるのです。

しかし、近年ではアミの塩辛が入ってないキムチが多くなってきてます。
そこで、最初に紹介した「キムチ納豆玉ねぎ」が有効だそうです。

玉ねぎに含まれるオリゴ糖が乳酸菌のエサになるそうです。

R-1乳酸菌」といい「植物性乳酸菌(ラブレ菌)」といい、
最近は乳酸菌流行りですね。