テレビ「ヒルナンデス」。
アレンジ王子コーナーで、
イケメン料理研究家の有坂 翔太さんが

フライパンを使わずにできる
絶品アレンジ『焼きそば』を紹介していました。



その一つ、『韓国風焼きそば』です。

【材料】
・焼きそば麺(1玉)
・酒を同量の水で割ったもの(大さじ3)
・ごま油(大さじ1)
・めんつゆ(大さじ3)
・いかの塩辛(大さじ3)
・コチュジャン(小さじ2)
・韓国のり(適量)

【作り方】
 焼きそばに水と酒を合わせたものをふりかけ軽くほぐし、
 600Wのレンジで約3分チンします。
 チンした焼きそばにごま油を混ぜて、
 イカの塩辛とコチュジャンをのせて、麺つゆをかけます。
 海苔をちぎって焼きそばの上にかければ完成です。

スポンサードリンク




この作り方を見ていてなるほど!と思ったんですが、
それは「焼きそば麺の簡単なほぐし方」。

市販の焼きそばを使って料理する時、
麺が固まっている事が多いですよね。

特に麺とソースがセットになっている物。

そのままフライパンに入れると、
水を足してもなかなかほぐれず、
時には2本くらいくっ付いたまま出来上がることもあって、
残念な焼きそばになります。

なので、麺を事前に手でほぐして入れるようにしていました。

また、袋に入った麺をそのまま使うと、
麺の火の通りがイマイチな時もあり、
もっと良い方法がないかと思っていました。

ヒルナンデスでアレンジ王子が麺をチンするのを見て、

これだ!と。

早速、昨日焼きそばを作ってみました。

麺に酒と水を振りかけて軽くほぐして、
私の場合、2人分の麺で、
麺をチンした後さらにフライパンで炒めるので、
レンジは2分にしてみました。

パラパラと麺がほぐれ、火の通りも早いので、
先に炒めた具材が焼け過ぎず、
ちょうどいい具合の焼きそばになりました。

レンジとのコラボ、これいいです♪

スポンサードリンク