So-net無料ブログ作成

生活のカテゴリ記事一覧

地震で開きまくったスライドレールの引出し

2016年4月14日の熊本地震1回目の時、
私はシャワー中で家に一人でした。

グラグラっと来たのは風呂場をシャワーの水でざっと流して
シャワーヘッドを戻した瞬間だったと思います。

その時は眩暈を起こしたかと思いましたが、
止まらないグラグラと、外から聞こえてくるガシャーン!ガシャーン!の音に
これは地震だ!と気が付きました。

「うそでしょうそでしょ。熊本でこんな大きな地震が来るはずない!うそでしょ。」
と思いました。

3週間以上経った今でも信じられません。

揺れが落ち着いてから慌てて体を拭いて服を着て、
ダイニングに行ったらこの状態↓でした。

kumamotojisin (400x300).jpg

キッチンカウンターのスライドレールの引出しが開いて、
その重みでカウンターが傾いていました。

パッと見カウンターが壊れたー...。と思いましたが、
引出しを元に戻したらカウンターの傾きも戻ったのでホットしました。

引出しは開ける時に便利なのでほとんどがスライドレールです。
タンスもそのタイプです。
タンスも見事に開きまくって傾いてました。

実家の家の中もかなりぐちゃぐちゃで、
母が最近買ったばかりだったスライドレール式のタンスも、
引出しは開きまくっていて、一番下の引出しはレールが曲がって壊れていました。

一方、スライドレールじゃないタンスは一つも引出しが開いてませんでした。

さて、次地震が来た時に簡単に開かないようにするにはどうしたらいいのか?

防災グッズをネットで探したら「耐震ラッチ」というものが出てきましたが、
あれは扉タイプのようですね。




震度6以上の地震に持ちこたえるかは分かりませんが、
赤ちゃん用の引出しロックが今のところ候補です。







赤ちゃん用のいたずら防止にはなるかもしれないけど、
大きな地震にはどうなんだろう?

開ける時が面倒そう。。。

もともと耐震ロック機能付きのスライドレール引出しって商品としてあるのかしら?

無いとしたら今度引出し式の家具を買う時は
スライドレールじゃないものに、と考えています。

スポンサーリンク



「さくらんぼ」に顔が緩む。

1週間くらい前のこと、
近所を歩いていたらこんなメッセージが。

sakurannbo (400x300).jpg


思わず顔が緩みました。
メッセージが書かれていなかったら気付かなかったかも。

上を見上げると小さなサクランボが沢山実っていました。
食べてみたかったけど私の手が届く場所にあるサクランボは
まだ若かったので眺めて楽しみました。

sakuranbo2 (400x300).jpg

植物ってすごいなあ。

秋の引越し

引越しというと、春3月が多いと思いますが、

意外と秋も多いようですね。

転勤が9月10月の会社も多いからみたいです。

» 「秋の引越し」の続きを読む

サイレントジューサー(低速ジューサー)

暑くなってくると朝食に野菜ジュースが欲しいと
毎年思います。

市販のではなく生の野菜をジューサーで搾ったジュースです。

今年になって少し気持ちが動いているのが、
サイレントジューサーといって、低速でじっくり搾るジューサーです。


【クビンスサイレントジューサー】



石臼式の低速ジューサーなので、
野菜の酵素が活きたままジュースになるそうです。

また、音が静かで手入れが簡単だとか。

お値段はそれなりにしますが、
長く使うなら、ちゃんとしてたほうがいいですもんね。

楽天やamazon、ジャパネットたかた、などだと安く買えそうです。
ジャパネットはオマケも魅力的。

⇒ 楽天市場で価格比較★サイレントジューサー★

⇒ ジャパネットたかた★クビンス サイレントジューサー★ NS-993PSM

★ジャパネットたかた 人気のジョゼフジョゼフキッチンツールがついたセット
⇒ クビンス サイレントジューサー +ジョゼフジョゼフ キッチンツールセット









新築アパートに引っ越して鼻炎も改善?

3月の中旬に引越しをしました。
以前住んでいたアパートはとても古いアパートでした。
風通しも悪くて部屋の壁の下あたりや、
角っこにカビが生えてきたので引っ越すことを決めました。

私はもともと鼻炎もちだったのですが、
あのアパートに住んでから余計酷くなった気がします。
カビのせいなのかな?なんて思い始めたら、
なんだか気になって気になって引っ越したくなったのです。

引越し先は前の住所から一駅隣りの街です。
新築のアパート限定で探していまして、
ちょうどいい物件があったのですぐ決めました。
引越し業者さんは友人の紹介してくれた地元の業者にお願いしました。

赤帽さんでもいいかなあと思ったんですが、
引っ越し見積りをしてらったらちょっと荷物が入りきれなくて、
2回往復しないと無理と言われて、
友人の紹介してくれた引っ越し業者さんにしました。

私は荷造りがどっちかというと下手です。いえ、下手です。
ぎりぎりになって準備をしたために、
引越日に作業員さんが来た時に、まだ梱包作業が終わってなかったのです。
(ほんとに申し訳ない。。)

でも作業員さんは私の梱包が終わるまで待っていてくれました。
友人の紹介ということもあったからでしょうか、
すごく丁寧な優しい作業員さんでした。

慌てて梱包した物だから、新居に来てから
未だに見つからない物が幾つかあります。
やはり日頃の片付けと、早めの準備は大事ですね。。。

私みたいな梱包下手な人間には、
お任せパックが合ってるのかもしれませんね。
でも、そうなると引っ越しの費用がかさみますので、
もうちょっとリッチになったらそうしようと思います。

新しいアパートは、とても清潔感があります。
以前と比べると雲泥の差です。

なんだか鼻炎も軽くなった気がして、引っ越してよかったです。

スポンサーリンク


引っ越しに際して電気などの手続き

引っ越しが決まったら、やらねばならないことが沢山です。

新居の選定、引っ越し業者の選定、荷物の荷造り、
不動産屋さんとの契約のこと、市役所の転居届け、
電気ガス水道などの住所変更手続き、などなどなど。
山のようにあります。

単身でも大変ですが、これが家族の引越しだともっと大変です。
子どもさんが学校に通う年齢ならもっと大変です。

学校への手続きなど、それぞれの家族に発生する手続きがあります。

手続きという物は面倒なことです。
簡単に終わることなんてそうそうないので、
手間が掛かると思って行動した方がいいです。
手抜きなんかして、後に回そうとしても、
後から付けが回ってきて余計面倒になるので、
諦めてサクサクッと手続きしに行った方がいいです。

逃げても逃げられないこの面倒な手続きを、
楽に終わらせるにはどうしたら良いか?

それは、早い時期から手続き作業に掛かることです。

まず、引っ越しをすることにより自分には、
どんな手続きが必要かをピックアップしましょう。
そしてその手続き先がどこなのか調べましょう。

(例えば、電気。電気料金の明細票に
お問い合わせ先が載っています。
または、もし東京に住んでいるとしたら、
東京電力のホームページを見て調べるか、
東京電力に電話で問い合わせましょう。)

手続き先が分かったら、そこに問い合わせましょう。
引っ越す何日前までに届けたらいいのか、
あるいはホームページを持っている会社でしたら、
ホームページから住所変更手続きができたりします。

いっけん面倒臭いように思うかもしれませんが、
こうやって早めに取り掛かることが一番の早道なのです。



日通で引越して、プロバイダはDTI

引越しする場合、引っ越し先の環境では、
インターネットが利用できなかったり、
あるいは回線の種類が違う場合もありますので、
引っ越し先の事前の確認も必要です。



すでにインターネットを使っている人でも、
引越しでプロバイダを見直す良い機会です。
この際、お得なプロバイダがないか
比較ネット.jpなどで調べてみるとよいですね。
中にはキャッシュバックもあるプロバイダもあります。



特にお得なサービスがあって、日通で引越して、
引越し先でインターネットプロバイダをDTIにすると、
かなり引越し費用が安くなります。
今は色んなサービスがあるんですね。
この引越の場合、DTIへの新規加入に限るそうで、
すでにDTIの契約者は対象になりません。



引越しには何かとお金が掛かりますので、
インターネットの回線をこれから契約する人や、
他社を考えている人は、ダンゼンお得なのでおススメです。
現代は本当に色んな便利なサービスが増えて驚きます。
色んなサービスがあるので、自分に合ったサービスを選んでいきたいですね。

私の引越しのこと

会社を退職し、飲食店を開業するために引越しをしました。


引越の見積りは、ネットの一括見積りサイトで探しました。
5社くらいから連絡ありましたが、
結局、昔使ったことのある大手の引越し業者に決めました。



引越し以外にもお金が掛かることが多いので、
引越しの荷造りなど、なるべく自分で出来ることは自分でしました。



気になった点は特にないのですが、
以前に比べて冷蔵庫と食器棚の開閉が悪くなったかなと思う程度です。



次引越しをするなら、必要品であるかどうか、
引越しを機会に見直すことが出来ると思うので、
全般的に早い時期から必要品か不必要品かの見極めをしたいと思います。


引越しは目に見えないコスパも考えたい。

引越しには見積りが大事ですね。僕はそう思います。

かならず複数の業者から見積をとります。

半年前、転勤のために引っ越したんですが、
インターネットの引越し一括見積りサイトを利用しました。

決めた業者は大手の引越し業者にしました。

そこに決めたのは以前利用したため、
リピート割引があったのが大きな要因です。

とにかく料金を安く済ませようと自分ができることは自分でしました。
が、労力や時間に掛かったコストパフォーマンスをよく考えると、
ある程度業者に任せる方法でも良かったかなと思いました。

そこは、次回の引越の課題ですね。


引越しは相見積もりを必ず取ります。

人事異動に伴う転勤で秋に引越をしました。
引越には、インターネットの一括見積りサイトで探した、
大手引越し業者にお願いしました。

見積りはもちろんですが、引越には相見積は必ず取ります。
大手だけでなく、近場の引越しなら地元の業者もあたってみると
意外と安くすむことがわかりました。

見積り時に希望予算をちょっと超えている旨を伝えたら、
見積額から更に1万円以上値引きしてくれました。
それから、不用品(パソコン、プリンター、布団セット)の回収を
お願いしたら5000円で引き受けてくれたので、とても助かりました。

しかし、引っ越し当日は希望時間を伝えていましたが、
忙しいということで予定時間よりもかなり遅れて予定が狂ってしまいました。
繁忙期はなかなか時間通りにはいかないと思いますが、
密な連絡は欲しいなと。まあ、しかし、作業やっている方にしたら、
こまめに連絡するのも大変ですよね。
時間が遅れたのは仕方なかったかなと今では思います。

引っ越した場所は会社から近く通勤が便利なのですごく楽です。

Copyright © ふぁんたのブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。