So-net無料ブログ作成

うつ・不眠のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:うつ・不眠

うつ・不眠のカテゴリ記事一覧。ふぁんたの気になったことトレンド&テレビ情報

おとぎり草はうつや不眠にも。

ベニシアさんの五十肩が治ったという「おとぎりそう(弟切草)」は、
うつ病や不眠症にも効果があるようです。

もちろん、個人差はあると思います。

「おとぎりそう(弟切草)」は英語で、セントジョーンズワートといいます。
セントジョーンズワートは、黄色い花をさかせる多年草のハーブで、
洗礼者ヨハネの日の頃までに花が咲き、
その日に収穫されたためその名がついたといわれています。

ヨーロッパ、西アジア、及び北アメリカに自生するもので、
昔から鎮静剤として、うつ病や不眠症の改善にも利用されてきたそうです。

また、最近の研究では精神障害、生理痛、
胃潰瘍を緩和するためにも使用されています。

私は生理前になると気分が落ち込みやすくなり、
ちょっとしたことで涙が出たり、また、ちょっとしたことが腹立たしくなったり、
することがあります。生理が始まると、その感情が嘘のような気がするのです。
毎月そうです。

これは、月経前症候群(PMS)ではないかと思います。

月経前症候群という症状を知ってからは、
生理が始まれば、この気持ちは治まるのだから、
気にしないでおこうと自分に言い聞かせます。

できればそういう症状になりたくないので、なにか良い方法が、
ないかなと思っていました。

おとぎりそうのサプリメントがあるそうなので、ちょっと気になっています。


布団に入ったら眠れなくなる(不眠症?)

もう何ヶ月前からでしょうか、
夜になっていざ寝ようと布団に入ると
頭が冴えちゃって眠れないんです。


これは不眠症なのでしょうか?


不眠症には、症状によって大きく4種類に分けられるそうです。
(ウィキペディアより)

[入眠障害]
寝つきが悪く、なかなか眠れない。寝つきに30分~1時間以上かかる場合と定義されている。
[中途覚醒]
朝起きる時間までに、何度も目が覚める。中高年に多い。
[早朝覚醒]
朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない。
[熟眠障害]
十分に睡眠時間はとっているが、眠りが浅く、熟眠感が得られない。


あーー私はまさしく入眠障害ですね。
入眠障害は不眠症の中でも症状が軽い方だそうです。


ほっ。。よかった。。。

スポンサーリンク





でも、不眠症には結構精神的なものが
大きく係わっているみたいですね。


いわゆるストレスです。


脳の中には「神経伝達物質」という物質があって、
その中に「セロトニン」という物質があるそうです。

「うつ」はセロトニン神経の活動が弱って、
セロトニンが不足するために起こるそうです。


なのでセロトニンを増やすと、症状が消える。

ということは、「セロトニン」を増やしてあげたらいいんですね。


セロトニンを補給するってどうやったらいいんだろう?


大麦を麹で醗酵させた後の生産物から、
人体に有益とされる「生理活性作用物質」が発見されたそうです。


「生理活性作用物質」


これがまさにセロトニンを助ける働きがあるそうです。


⇒ "うつ"には脳からの改善。大麦発酵酵素で脳内伝達物質を活性化!「セロトアルファ」

スポンサーリンク



Copyright © ふぁんたのブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。