So-net無料ブログ作成

料理のカテゴリ記事一覧

焼きそば麺をほぐしやすくする方法

テレビ「ヒルナンデス」。
アレンジ王子コーナーで、
イケメン料理研究家の有坂 翔太さんが

フライパンを使わずにできる
絶品アレンジ『焼きそば』を紹介していました。



その一つ、『韓国風焼きそば』です。

【材料】
・焼きそば麺(1玉)
・酒を同量の水で割ったもの(大さじ3)
・ごま油(大さじ1)
・めんつゆ(大さじ3)
・いかの塩辛(大さじ3)
・コチュジャン(小さじ2)
・韓国のり(適量)

【作り方】
 焼きそばに水と酒を合わせたものをふりかけ軽くほぐし、
 600Wのレンジで約3分チンします。
 チンした焼きそばにごま油を混ぜて、
 イカの塩辛とコチュジャンをのせて、麺つゆをかけます。
 海苔をちぎって焼きそばの上にかければ完成です。

スポンサードリンク




この作り方を見ていてなるほど!と思ったんですが、
それは「焼きそば麺の簡単なほぐし方」。

市販の焼きそばを使って料理する時、
麺が固まっている事が多いですよね。

特に麺とソースがセットになっている物。

そのままフライパンに入れると、
水を足してもなかなかほぐれず、
時には2本くらいくっ付いたまま出来上がることもあって、
残念な焼きそばになります。

なので、麺を事前に手でほぐして入れるようにしていました。

また、袋に入った麺をそのまま使うと、
麺の火の通りがイマイチな時もあり、
もっと良い方法がないかと思っていました。

ヒルナンデスでアレンジ王子が麺をチンするのを見て、

これだ!と。

早速、昨日焼きそばを作ってみました。

麺に酒と水を振りかけて軽くほぐして、
私の場合、2人分の麺で、
麺をチンした後さらにフライパンで炒めるので、
レンジは2分にしてみました。

パラパラと麺がほぐれ、火の通りも早いので、
先に炒めた具材が焼け過ぎず、
ちょうどいい具合の焼きそばになりました。

レンジとのコラボ、これいいです♪

スポンサードリンク


「浅漬けの素」と「追いがつおつゆ」

余談ですが、

今晩、「もやし+人参+ちくわ」のお好み焼きを作りまして、
お好み焼きソースなどは付けずに、
つゆに付けて食べたら合いそうな気がしたので、
天つゆっぽいものを作りたかったのですが、

「ミツカン 追いがつおつゆ2倍」だけだと面白みがないので、

「エバラ浅漬けの素 昆布だし」と合わせましたら、
なんと、たこ焼きの明石焼きのつけ汁みたいなつゆができました。


「エバラ浅漬けの素 昆布だし」と「ミツカン 追いがつおつゆ2倍」あいますね~。






補足:「追いがつおつゆ」はストレートでもいいかもしれません。
ミツカン 追いがつおつゆ ストレート

追いオリーブはもこみちの造語?

最近「追いオリーブ」なる言葉が流行っているらしい。

「追いオリーブ」とは、料理用語らしい。

しかも、造語らしい。

その造語は速水もこみちがらみらしい。


トラットリアMOCO きみと食べたいイタリアン


完成した料理の最後の最後に
コレでもかとオリーブオイルをかけることを
「追いオリーブ」というらしい。

どうも、日テレ朝の情報番組「ZIP」の
moco'sキッチンご出演の速水もこみちさんが、
最後の最後に思いきりオリーブオイルをかけることから、
この「追いオリーブ」なる造語が生まれたらしい。

イタリア料理が一番得意なもこみちさんによると、
この「追いオリーブ」、イタリアでは当たり前のことらしい。
もっとかけるらしい。

ちなみに私もかけてみましたがけっこう好きです。

⇒美味しいオリーブオイルを探す
Copyright © ふぁんたのブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。